トップページ>>講習会のご案内>>SSTフォローアップ・日程>>開講の目的・講習課程



医療・保健・福祉分野で求められるSST(生活技能訓練)の事例演習中心の実践的講習会
SST(生活技能訓練療法)フォローアップ
(スキルアップ)コース

SST普及協会認定指導講師による講習会


 開講の目的
 

 自立支援法の施行が決定し、当事者の自立と地域生活支援、社会復帰への取り組みがより本格的に開始される事となりました。精神障害者の在宅療養、社会復帰が進められる中、援助技術の一手法として、SST(社会生活技能訓練療法)が注目されています。精神科専門療法として、入院生活技能訓練療法には、診療報酬の算定が認められ、入院治療の中にSSTが急速に普及しています。
又、精神科デイケア・精神科ナイトケア・精神保健福祉センター・精神障害者生活訓練施設・精神障害者福祉ホーム・精神障害者授産施設・精神障害者地域共同作業所・精神障害者グループホーム 等のプログラムとして、また、家族に対するSST(家族SST)や、今日では、精神医療保健福祉領域以外(知的障害分野・学校教育・更生保護関係機関・就労支援機関 等)においても活用されています。このような様々なSSTニーズに応えるため、日々の努力と創意工夫が必要不可欠です。SSTのグループを継続していくと行き詰まる事も多く、常に「活き活きとしたセッション」を行うためのエッセンスやヒントを演習体験型のグループワークを通じて、また、「科学的根拠に基づくSST」について研修を通じて学んで参ります。
  そこで、特定非営利活動法人(NPO法人)地域生活支援ネットワークでは、実践及び指導経験豊富なSST普及協会認定講師を招き、「SST(生活技能訓練療法)フォローアップ(スキルアップ)コース」講習会を開催致します。  本講習会は、実際にSSTを導入し、取り組んでおられる方、ファーストレベル等初級講習会を修了された方、SSTの基礎知識をお持ちの方を対象とし、SSTの実践方法を事例中心に学んで頂きます。
  尚、講義の進行は、受講者の皆様の事例をもとに演習を行いますので、可能な限り、事例のご持参をお願い致します。

 
 講習課程


[1]根拠にもとづくSSTとは(Evidence  Based−SST)
[2]適切な課題(目標)設定と課題(目標)設定の手法・アセスメントについて
[3]様々な対象者へのSST
[4]効果的なウォーミングアップ
[5]『HERE AND NOW』の個別SST(1対1でのSST:ひとりSST)
[6]リーダーとしての効果的な表現スキル
[7]問題解決技能訓練
[8]心理社会的アプローチとSST
[9]SSTと心理教育・家族支援の相乗効果を引き出すために
[10]家族SST
[11]エンパワメント・ストレングスモデルの概念とSST
[12]SSTの記録方法
[13]質疑応答



 お問い合わせ先 
 特定非営利活動法人(NPO法人)
 地域生活支援ネットワーク ケアーサポート SSTフォローアップ講習会事務局
 〒488−0064 愛知県尾張旭市北原山町鳴湫1751番6
 TEL 0561(55)3305/ FAX 0561(52)3921



トップページ>>講習会のご案内>>SSTフォローアップ・日程>>開講の目的・講習課程
Copyright (c) 2008,
特定非営利活動法人 地域生活支援ネットワーク ケアーサポート