トップページ>>講習会のご案内>>精神科包括的治療の基礎知識・日程>>開講の目的・講習課程



医療・保健・福祉分野で求められる精神科包括的治療の基礎知識の修得 演習中心の実践的講習会
精神科包括的治療の基礎知識 〜当事者のリカバリー(回復)を進めるために〜 
 〜最新の薬物療法からの心理教育・SST(認知行動療法)まで〜

病院・地域生活(退院促進)支援・就労支援 及び 援助・看護に必要な包括的治療の基礎知識を学ぶ

 開講の目的
 

当事者主体の精神医療や福祉の重要性が強調されるようになって久しいですが、現実には、そのような働きかけが進んでいない

事が問題とされています。

 そのような中、当事者を中心としたリカバリー(回復)の概念が、大事な治療目標として取り入れられるようになってきています。

 しかしながら、当事者中心だからと言って、リカバリーを当事者に任せっきりにしていては、負担が大きすぎます。当事者に

関わる専門家は、リカバリーが進むように根拠のある知識や技術を提供する事が求められているのです。

 これらの知識や技術とは、薬物療法・認知行動療法・心理教育など、様々なものがありますが、日本では、その技法が、

個々、単独に広まった経緯があります。

 そのため、包括的治療という当事者に必要な様々な技法の融合について学ぶ機会が乏しく、薬物療法の偏重や専門家の思惑の

強いリハビリテーションが根強く残っているというのが現状です。

 本講習会では、当事者の生活を主体としたリカバリーを進める上で必要となる包括的治療(薬物療法・心理療法・社会療法)

の基礎を学び、チームで取り組む働き掛けにつなげて行くことを目標にします。

 「何故、薬物が減らないのか」「何故、SSTで課題が出ないのか」「何故、デイケアから先のステップが進まないのか」など、

日頃から感じている疑問にもお答えする形で、その理論について、体験学習を交えて進めていきます。

 薬物療法・心理教育・SST(認知行動療法)の基礎知識を学ぶことができ、実際の現場で必要となる初歩的な技法を学ぶこと

が可能です。

  そこで、特定非営利活動法人(NPO法人)地域生活支援ネットワークでは、実践及び指導経験豊富な指導講師を招き、「当事者のリカバリー(回復)を進めるための包括的治療の基礎知識〜 最新の薬物治療から、心理教育・SST(認知行動療法)まで 〜」講習会を開催致します。

講義と演習を通して、最新の包括的精神科治療の知識を修得し、参加型・体験型の研修方式、グループワークにて、実践的、

効果的に薬物療法・心理療法・認知行動療法等を学んで頂きます


 
 講習課程

[1]精神疾患と精神障害の概念について

[2]包括的治療(薬物療法・心理療法・社会療法)の考え方

[3]認知行動療法とは

[4]効果的なSSTの進め方 〜場面に応じたSSTの工夫〜

[5]心理教育の概念 〜病識を高める脳機能検査〜

[6]認知機能から見たアセスメント(機能評価)

[7]薬物療法の基礎知識

[8]薬物療法と心理社会的療法の相互関係

      [9]これからの精神医療・保健・福祉の連携と展望

      [10]質疑応答



 お問い合わせ先 
 特定非営利活動法人(NPO法人)
 地域生活支援ネットワーク ケアーサポート 精神科包括的治療の基礎知識 講習会事務局
 〒488−0064 愛知県尾張旭市北原山町鳴湫1751番6
 TEL 0561(55)3305/ FAX 0561(52)3921



トップページ>>講習会のご案内>>精神科包括的治療の基礎知識・日程>>開講の目的・講習課程
Copyright (c) 2008,
特定非営利活動法人 地域生活支援ネットワーク ケアーサポート